みなさんこんにちは!羽石です。

お客様からよく「建物はいつ建てると固定資産税がお得になるの?」

というご質問を受けます。

固定資産税は1月1日をもってその建物所有者に課税されます。

したがいまして、1月2日以降に完成するとその年の固定資産税は掛かりません。

土地の固定資産税も同様で、1月1日に所有している方に課税されます!

《Coffee Break♪》
本日、下野市仁良川の土地を購入しました♪
12月4日~31日分の固定資産税を売主様に
お支払いして精算完了です♪
平成28年1月1日時点では弊社が所有してますので、
更地の高~い税金がやってきます。
近日5区画にて販売予定です。「←宣伝ですm(__)m」
151204p

ここでみなさまに知っておいて頂きたいのですが、

実は、建物(家屋)のない更地は、固定資産税が高いのです。

市街地には使われていない古くなった建物がたくさんあります。

あの建物は、なぜ、取り壊さないのでしょうか。

そうです!建物を壊すと土地の固定資産税が高くなってしまうからです!

※私が勝手に古家所有者様の心を読んでます(^_^;)

そろそろしめに入りますm(__)m

「建物はいつ建てると固定資産税がお得になるの?」のお答えですが、、、(^_^;)

1月2日以降に完成した場合はその年の建物固定資産税が掛かりませんが、

土地固定資産税は、更地の高価な税金となってしまいます(^_^;)

したがいまして、

土地の評価額や、建物の規模によってケースバイケースです!

最後まで読んでいただきましたのに、

明確なお答えが出来ずに申し訳ございませんでしたm(__)m

上記内容も含めまして、その他、土地建物に関しましては、

お気軽にお問い合わせくださーい。

では、また\(^o^)/

——————————————————
【次回予告!】
12/8(火):「Eiko」のブログ
12/11(金):「羽石」のブログ
12/15(火):現場監督「柿田」ののブログ(←炎の文字が、クリックできます!!)
12/18(金):「羽石」のブログ
【スタッフ紹介】
http://do-house.jp/info/staff