みなさん、おはようございます(^_^)/羽石です。

今から私は、新築住宅販売会のため、
芳賀町祖母井の現地に向かいます。

それにしても、すごい雪ですね。

160130p1

はたしてお客様は、、、
この悪天候の中来て下さるのでしょうか。
↓広告ちらしです。(宣伝ですm(__)m)
http://do-house.jp/wp-content/uploads/2016/01/160128p1.jpg

みなさま、雪道の運転気をつけてくださいね!!
—————————-
【以下は長文につき、冬場に車中泊する方へ(^_^)/】
私は車中泊をするので本当に参考になりました!

JAFさんがテストを行いました!!
「厳冬期の車中泊。寒さをしのぐ対策は?」
~7分弱の動画です~

【実施日】平成26年2月
【場所】 長野県上田市
【天候】 雪
【気温】 -13.2℃~-10.2℃
【背景】 豪雪等で車が立ち往生し、
長時間車内に取り残される事例が起きている。
その際、排ガスによる一酸化炭素中毒やガス欠の危険性を考えると、
エンジンは止めたまま寒さをしのげる対策が必要である。

【内容】 午後 11 時から翌朝午前 7 時までの 8 時間、
エンジンを止めた状態で対策の異なる
20 代~30 代の4名のモニターが車両(ミニバン)2 台に分乗し、
寒さをしのげるのかを検証した
(モニターには○、×の札を渡し、30 分ごとに継続の意思確認を行った)。
なお、テスト開始直前までエンジンをかけてエアコンを使用し車内温度を25℃に設定した。
※テストは安全に十分配慮して実施しました。

【4人の対策】①対策なし
②毛布+使い捨てカイロ
③寝袋(冬山用)
④エマージェンシーシート
※緊急時に体温保持のために使う薄くて軽いアルミシート
【結果】   ①「対策なし」は、
テスト開始から 2 時間 45 分後にギブアップ。
(外気温:-11.1℃、車内温度:1.8℃)
④「エマージェンシーシート」は、
テスト開始から 5 時間 27 分後にギブアップ。
(外気温:-12℃、車内温度:-3.9℃)
②「毛布+使い捨てカイロ」と③「寝袋」は、
テスト開始から8時間経過し、寒さに耐えることができ無事終了。
(外気温:-12.9℃、    車内温度:-7℃)

みなさま、JAFさん、ありがとうございました(^_^)/