みなさんこんにちは(^^)羽石です。

昨日、お客さまから、「不動産取得税」(県税)

についてご質問をいただきました。

そのお客さまは、土地を取得したので、

時間差?!で税金の納付書が送られてきたそうです!

「すごい高いんですけど(T_T)」(お客さま)

「安心して下さい。さがりますよ。」(羽石)

160226p3

 

そんな訳(?)で、

本日は「不動産取得税」のお話をさせていただきます。

『住宅用土地における税額軽減の特例』

土地取得後から3年以内に住宅を建てたの場合には、軽減措置があります。

【読み飛ばしゾーン開始(^^)】

~要件~
1 土地を取得した日から3年以内に、住宅A又は住宅Cが新築された場合で、
次のいずれかに該当する場合
(1) 土地の取得者が、住宅が新築されるまで引き続きその土地を所有している場合
(2) 住宅の新築がその土地を最初に譲り受けた者により行われた場合
2 土地を取得した者が、土地の取得の日前1年以内に住宅A又は住宅Cを新築していた場合
~減額額~
土地の取得にかかる税額から次のうち高い方の額を減額します。
(1) 45,000円
(2) 土地の平方メートル単価(評価額(注)/地積)
× 住宅の床面積の2倍(200平方メートルが限度)
× 3%により求めた額
(注)宅地や宅地比準土地の評価額は、平成30年3月31日までに取得したときに限り、
土地の価格の2分の1になります。

【読み飛ばしゾーン終了(^^)】

なんだか難しいですね(^_^;)

ここで簡単にまとめます!

『土地を購入して3年以内に家を建てると、
200㎡分の土地の取得税はかかりません\(^o^)/』

住宅の敷地だったら税金をかけませんが、
あまり大きいと、全部は住宅の敷地とは認めません!
容赦なく行きますよ!!(T県)

160515p1

ってことですかね(^_^;)

※例外もございますが、だいたいこんな感じですm(__)m

本日もこのような文章を最後まで読んで下さり、

誠にありがとうございましたm(__)m

それではまた\(^o^)/