みなさん、こんにちは~
はねいしです(^^♪
1つの台風が過ぎる度に、夏から秋になりつつありますね☆
朝晩は、肌寒くなってきていますので、風邪ひかないようにして下さいね(^^)

9月と言えば、『十五夜』(月より団子?!(笑))を
調べてみました。↓では、どうぞ~(^_-)-☆

2016年の十五夜はいつ?

十五夜 = 中秋の名月
中秋の名月は旧暦で8月15日のことを言います。
【十五夜の意味と由来について】
十五夜の由来は?
まず旧暦では3ヶ月ごとに季節が分けられていました。
春 → 1~3月  夏 → 4~6月  秋 → 7~9月  冬 → 10~12月
この秋(7~9月)の真ん中の日(8月15日)のことを
秋の季節の真ん中、で“中秋”と呼びます。
そして旧暦は月の満ち欠けによって数えられていましたので、
月の真ん中の15日の夜が満月か満月に近い月であったことから、
旧暦で8月15日のことを“中秋の名月”と言うようになりました。
では何故、中秋の名月を鑑賞するかというと、
この風習は、古くは中国『唐の時代』からあり、これが日本に入ってきて、
平安時代、貴族の間では「観月の宴」(月見をしながら短歌を楽しむ・・
という優雅な宴)として楽しまれていました。
そして徐々に武士や町民へと庶民の間に広まって行き、
これが現在の「お月見スタイル」 へと繋がっています。
また“十五夜”は中秋の名月を鑑賞する他、これから始まる収穫を前にして、
収穫を感謝する初穂祭としての意味あいもありました。
欠けたところの無い満月は、豊穣の象徴でもあったようです。
そのため十五夜の満月の夜は 「名月を鑑賞し、また豊作を祈るお祭り」
として変化していったようです。

%e6%9c%88%e8%a6%8b そして今年の十五夜(旧暦8月15日)は…
9月15日(木) 明後日です!

ちなみに2016年以降の十五夜は以下の通りです。
2017年10月4日(水)、2018年 9月24日(月)、
2019年 9月13日(金)、2020年10月 1日(木)・・・

お供え物の意味は?

ws000000お団子 上記の収穫のお祭りの際に、
満月に似せた丸いお団子をお米の粉で作って、
お供えしたのが始まりといわれています。
収穫への感謝と豊作を満月に祈願し、
その満月に似せたお団子を食べることが
“健康と幸せ”を得ることが出来ると
考えられていました。

 

%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%82%adススキ ススキは、稲穂に似ていることから、
お米の豊作を願い、月の神様を招く依り代(よりしろ)
として供えられました。
本当は月の神様の依り代は稲穂なのですが、
お月見の時期には稲穂はまだ収穫されて無いため、
稲穂に似たススキを供えるようになった
といわれています。

また、古くからススキには魔除けの霊力があると信じられています。
お月見に供えたススキを軒先に吊るすと、一年間病気をしないという風習が
残っているところもあるそうです。
十五夜には5本のススキ、十三夜には3本のススキをお供えするところも
あるようですが、”絶対”ではないようです。

※依り代(よりしろ)・・神霊が寄りつくもの。
憑依物としての樹木・岩石・動物・御幣、という意味。

その他

その他には収穫に感謝してその時期に採れた野菜や果物をお供えします。
例えば芋類(サトイモやさつまいも)などですね。
ぶどうなどのツルものもお月様との繋がりが強くなると言われています。

お月見=月をみながら、お団子を食べればいいんでしょ~
ではなく、由来や昔の人達の気持ちを知り、見上げたお月様は
いつもとは違って見えるのではないでしょうか?

”月より団子”ではなく(^^;)、ゆったりとした気持ちで
お供え物を前に「お月見」をしてみたいです(*^_^*)

120120s補足 : 9月15日の栃木県の天気は、曇りのち雨…(> <)
今年は、十五夜のお月様を眺めることは、
難しいのかもしれませんね(p_-)

それでは、また~
はねいしえいこでした(^^♪ see you ♪♪