みなさん、こんにちわ~(^^)
朝晩と日中の気温差が激しくて、風邪ひいていませんか?
私は、見事に風邪ひきました・・(> <)
今年の風邪は、しつこいみたいです。
充分にお気を付けくださいね!

数日前、何気なく夜空を見上げました。
外気が冷えると、空気が澄んで星が綺麗でした。
今年は、まだ流星群が観れるかな?と思いインターネットで
調べてみました!(^^)!
2016年もあと2ヶ月余りですが、まだ流星群観れますよ☆
但し、運が良ければ~の話なのですが…(^^;)

 

2016年11月18日 しし座流星群極大

ws000001しし座流星群(しし群)は過去に幾度もの華々しい
流星雨を降らせ、流星(群)研究の発端となった
流星群です。その流星雨のすさまじさは、最近では、
1966年にHR=15万!(1秒間に40個)、また過去には
「一瞬たりとも月を2つ並べる隙間がなかった」と

称されるなど、ちょっと想像するのも難しいものです。
そのような流星雨のチャンスは西暦の下2桁が33の
倍数の年前後にやってきます。

 

2016年下弦前の明るい月明かりがあり、条件は良くない
母天体も遠日点付近まで遠ざかっており、5個/時程度の出現であろう。

 

2016年12月13,14日 ふたご座流星群極大

ws000002

ふたご座流星群(ふたご群)は、毎年安定して、
多くの流星を見せる群で、1月のしぶんぎ群、
8月のペルセ群と並んで「3大流星群」と称されます。
その出現数は、もはやペルセ群をも凌ぎ、
年間最大の群といえるでしょう。
近年では、条件が整えばHR=100にも達するほどです。

2016年満月の強烈な月明かりが邪魔をする。
出現数は10~20個/時程度であろう。

出典せんだい宇宙館−ニュース− より

2つの流星群とも、月明かりが邪魔をするみたいですね・・・(>_<)
でも、全く見えない訳でもなさそうなので
運と根気があれば、観れるのかもしれません。

流星群を観察される場合は、防寒対策をしっかりしてくださいね!
流星群を観た為に、体調崩されたらご自身が辛いだけですから(T_T)

先日の、オリオン座流星群は曇って観れませんでした…
天候と運が良ければ、温かい服装で根気よく夜空を眺めてみます☆

今日は、この辺で!
はねいしえいこでした(^^♪
それでは、また★ * see you *