みなさん、こんにちは(^^)
はねいしです。
昨日は、4月の気温だったのに今日は7月並みの気温へ・・・
体調崩されていませんか?

3日後の第2日曜日って、何の日か忘れていませんか?
そう、「母の日」ですよ!

 

 


 

 

 

 

 

 
日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日ですから、
忘れないでくださいね☆

その「母の日」って、いつからあるのでしょうか?
ちょっと調べてみました。

母の日は1915年にアメリカで制定されてから、世界各国に広まっていきました。
では日本にはいつどうやって伝わってきたのでしょうか?
実はアメリカで制定された1915年の直後に、キリスト教の教会などではすでに
お祝いが始まっていたと言われています。
ただしその当時はまだ、全国的な行事とはほど遠いものでした。

日本で母の日がメジャーになったきっかけは、1937年に森永製菓が母の日を
全国的に告知したことでした。
その後日本は戦争に突入し、しばらくは母の日どころではない時代が続きました。
しかし戦後の1947年には、正式に5月の第2日曜日が母の日として制定される
ことになったようです。

私が小学生のころ、母にカーネーションの花を渡した記憶がありますが、
なぜ母の日=カーネーションなのでしょうか?

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番の理由は、単純にカーネーションが母の愛を象徴する花だからです。
カーネーションの花言葉は「母の愛情」で、5月の誕生花でもあります。
またキリスト教の教えでは、十字架にかけられたキリストを見送った
聖母マリアは涙を流し、その涙の跡に咲いた花がカーネーションの花である
とされています。
さらに、アンナのお母さんであるアン・ジャービスは、カーネーションの
花が好きでした。
だからその由来にちなんでカーネーションを贈ることになっているようです。

今年の母の日には、高齢になった母へちょっとした贈り物と
感謝の言葉を添えてみようと思いました。

それでは、この辺で~
はねいしえいこでした(^^♪ ☆ see you ♪♪