みなさんこんにちは\(^o^)/羽石です。
今日は少しだけ税金のお話をしますね。
vol.1っていうと、続きがありそうですね(^_^;)

不動産を持っているときの税金は、主に2つあります。

・固定資産税(不動産を持っているすべての人)
・都市計画税(市街化区域の不動産を持っている人)

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「固定資産税」についてザックリ!?まとめてみます(^_^)

・毎年、元旦時点での所有者にかかってきます。
・税額は「評価額」×1.4%です。

評価額1,000万円の不動産ですと年間14万円、結構な税額になりますね。

しかしながら、軽減処置があります\(^o^)/
ここでは代表的な処置をご紹介します。

【土地/住宅用地の軽減処置】
「住むための家」の敷地は、なんと66%OFF!
1/3になるんですね。

【建物/新築住宅の減税制度】
新築住宅は3年間、なんと50%OFF!
1/2になるんですね。

各面積の制限がある等、上記に該当しないケースもございますことを
ご了承下さいm(_ _)m

たとえば、避暑用の別荘には該当しません。
これには私もショックでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか別荘持ってませんが(^_^;)

話がまとまらずに申し訳ございませんm(_ _)m

本日もこのような文章を最後まで読んで下さり、

誠にありがとうございましたm(__)m

それではまた\(^o^)/