皆さん、こんにちは(^^) はねいし  です。
暑かったり、寒かったり、まるでジェットコースターのような
気温変動の激しい時期が、やっと過ぎ ホッとしのも束の間、
今度は梅雨の心配ですね…
2018年関東の梅雨入り時期(予想)を調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

実は気象庁が公開している過去のデータにも「」と書かれている通り、
梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません

比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、
日照時間が少ない時期に突入するまで
移り変わりの時期が5日間程度あります。
5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。
梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、
1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。

晴れが続いている日(初夏)から、
今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想(中期予報)を出し、
実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。
雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、
最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。

気象庁の1951年から2017年までの
関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると

最も早い梅雨入りは、1963年5月6日頃で、
最も遅い梅雨入りは、1967年2007年6月22日頃でした。
何と一ヶ月半のもの開きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1951年から2017年までの67年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃
平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから
若干ですが関東の梅雨入り時期は、早くなっている傾向が見て取れますね。

そして、そして、直近2年間のデータを見てみると
一昨年(2016年)は6月5日、昨年(2017年)は6月8日
梅雨入りということでした。
これらのデータから予想すると、2018年の関東の梅雨入り時期
6月2日頃から6月13日頃の間くらいになりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨の雨は、色んな意味で必要ですが
災害が起こらない程度の
雨量であって欲しいと願っています。

 

最後まで、ご覧頂きましてありがとうございました。

梅雨入り・梅雨明けの前後は、暑い日が続く様ですので
体調崩されませんよう、ご自愛ください。

では、この辺りで☆
はねいしえいこでした(^^♪ see you ♪♪