家づくりの流れ

 
トップ > 家づくりの流れ

注文住宅を計画する時の家づくりの流れ

① お問い合わせ・資料請求
DOHOUSEコンセプトブック
DOHOUSEの 家づくりにご興味を持っていただいたなら、お気軽にお問い合わせください。
コンセプトブックやSE構法テクニカルカタログなど、家づくりに役に立つ資料をお送りします。また、具体的なご相談もお問い合わせページからお気軽にお問い合わせください。

 

② 個別相談
個別相談
家づくりの初期段階でも個別にご相談をお受けしています。お客様がこれからの家づくりのこだわりや悩みなどもヒアリングいたします。その上で、家づくりのプロとしてのアドバイスをさせていただきます。
家のデザインや間取り、性能についてはもちろんですが、 土地探し」や「資金計画」から具体的にサポートいたします。
ご興味がありましたらお気軽にご相談ください。

 

③ 土地探し・資金計画サポート
土地探しサポート
不動産の免許を持っている当社では、土地がまだ見つかっていない方へ土地探しのサポートを積極的に行っています。 自分たちだけで土地探しをするよりも建築的な視点でのアドバイスを受けながら探すほうが間違いが少ないのです。また、資金計画も早い段階でサポートします。

 

④ 完成見学会・現場見学会
完成現場見学会
家づくりについて一番早く理解できる方法は、実際の建築現場をみることです。完成現場はもちろんですが、建築途中の現場も住宅性能や品質管理などについて住宅会社を選ぶ基準になります。プランニングに進める前に、必ずこれらのご見学をお勧めしています。

 

⑤ ヒアリング・敷地調査
ヒアリングシート
建築依頼先の候補として当社を選んでいただけると、私たちからのご提案となります。
最適なご提案のために、まずは敷地調査とヒアリングを行います。敷地形状や法規的な調査だけではなく、光の入り方や風の通り道、視線の方向など、そこに暮らす際に大切になることをプロの視点で調査をします。
 

 

⑥ プレゼンテーション
プレゼンテーション
敷地の条件を最大に活かし、ご予算を考慮し、あなたの望むライフスタイルを実現できるためのご提案を差し上げます。
平面図だけでなく、パースなどの立体的なイメージをわかりやすくご説明いたしますので、新しい家で暮らすスタイルの形も想像できると思います。
 

 

⑦ 設計契約
設計契約
DOHOUSEの家 づくりに共感いただき、当社がご提案した設計プランや概算見積もりにご納得いただきましたら、設計契約となります。
設計契約をご締結いただきましたら、弊社と1対1で詳細の仕様や図面を打合せしていきながら、請負契約・着工へ向けて進んでいきます。
⑧ 詳細打ち合わせ
詳細打ち合わせ
具体的なプランを決めるための打ち合わせを進めます。そのなかで、各仕様も同時に決めていきます。ご予算をオーバーしないように全体をトータルで管理しながら進めていきます。
 

 

⑨ 請負契約
請負契約
プラン・仕様・価格・スケジュールが決定したら、弊社との建築請負契約の締結となります。その後、確認審査機関に建築確認申請となります。長期優良住宅の場合は、同時にその書類作成&申請業務がはじまります。
 
⑩ 着工
基礎の着工
確認申請や長期優良住宅の認可が下りたら着工となります。解体のある場合や地盤改良の必要なときは、これらを行ってから基礎の着工となるわけです。ここからは私たち建築のプロフェッショナルが責任を持って現場管理を行います。
 
⑪ 上棟
骨組み現場
基礎が着工し、建物が上棟すると、中間検査が行われます。これは、申請した仕様通りに工事が行われているかを第三者がチェックするものです。
これによって、瑕疵保証の保険も適用になるので、とても重要な検査です。
 
⑫ 完成引き渡し
普遍的なデザインの外観
建物が完成したらお施主検査をして、手直し工事を終了後お引渡しとなります。これからアフターメンテナンスを含めて長いお付き合いが始まります。